親(家族)が死亡したら何をする?(知っておきたい葬式や手続きのまとめ)

親が死亡したら何をする?

親が死亡したら残された家族は何をしなくてはいけないか?
まず、避けて通れないのがお葬式ですね。
当サイトでは、意外と知らないお葬式の基礎知識はもちろん、死亡後にしなくてはならない各種手続きや届け出などについてまとめました。

親,死亡,葬式,手続き,家族

 

失敗しないお葬式のための基礎知識

自宅で亡くなった時は…

親や家族が自宅で死亡した時は、まず最初に救急車を呼ぶのが原則です。
人が亡くなった場合、医師によって死亡したことを証明してもらわねばなりません。このとき書いてもらう死亡診断書という書類がないと葬儀ができません。

 

また、医師の立会いもなく自宅で亡くなった時は、一応警察にも連絡しましょう。(事件性がないことを証明してもらうため)

 

葬儀屋さん選び

葬儀屋さん無しで葬儀を済ませることは出来ません。
自分たちで絶対にできないことは、遺体を搬送することです。病院からご自宅、ご自宅から斎場、斎場から火葬場など、遺体を搬送するには専門の免許が必要なのです。

 

満足できる葬儀ができるかどうかは、葬儀屋さん選びにかかっています。

 

葬儀屋さんは病院でも紹介してくれるでしょうが、その業者さんがあなたの希望と一致するとは限りません。
葬儀業者をあらかじめ決めておくことが大切です。

 

葬儀屋さん任せにしないことが大切です。

お葬式の種類も実に様々です。宗教によっての違い、会葬者の数によっての規模の違い、祭壇などの装飾のこだわり、そして一番肝心なのが予算による違いです。

 

葬儀屋さん任せにしていると、とんでもない金額になってビックリすることもあり得ます。必要ないと思うものは、勇気をもって断るようにしましょう。

 

絶対に必要なものは意外と少ないものです。最近では通夜のない一日葬告別式もない直葬なども都市部を中心に増えています。

 

おおまかなプランも生前に決めておくといいでしょう。
全国対応で低価格のシンプルな葬儀、追加料金なしで安心な【小さなお葬式】がオススメです。

 

死亡すると銀行口座が凍結される!?

銀行は”相続争いに巻き込まれない為”に、死亡した人名義の銀行口座を一時的に凍結することがあります。
葬儀代として、親の預金をあてにしているのでしたら注意が必要です。

 

お葬式には実際いくら必要なのか?事前に調べておくと安心ですね。

いざという時、慌てないために… お葬式の資料は、お手元に準備しておくといいでしょう。



inserted by FC2 system